演奏録音です2019/11/18

このほかにも、こちらに演奏をアップしています
http://www.youtube.com/user/IWAI80/videos

コメント

_ (未記入) ― 2012/05/13 16:30

バッハのプレリュードフーガアレグロ大好きです。タルイピア見に行きます。

_ 岩井裕来 ― 2012/05/13 21:25

 どうもありがとうございます。今回はBWV998はプレリュードだけ弾きます。あと2曲は無伴奏チェロ組曲1番(BWV1007)と3番(BWV1009)のプレリュードです。すみません。 
 どちらにお住まいでしょうか。お気をつけてお越しください。

_ (未記入) ― 2012/05/13 22:51

バッハの前奏曲集、いいですね。ゆったりとした音色で土曜の午後を過ごせるとは幸せです。ゼンオンギターライブラリーの阿部保夫編バッハ名曲選集今でも大切にしています。ひけませんけど見るだけです。(笑)阿部先生のテレビのギター講座がなつかしいなあ。(私は岩井先生より少し年上です。阿部先生のテレビ講座は見たことがありますか。)それでは楽しみにしています。

_ 岩井裕来 ― 2012/05/14 12:40

 私もバッハのギター編曲譜を最初に買ったのは阿部編のバッハ集でした。今もありますが友達に貸したりして傷んでいます。そのあとに同じく全音から出ていたブルガー編のリュート作品集、それから眞鍋氏によるバッハ無伴奏チェロ組曲編曲集、それにモスクワ版のヴァイスリュート作品集などを買いました。当時は宝物のような気がしました。全音はいい仕事していましたね(^^)
 阿部先生のギター講座はちらっと観た覚えがありますが、しっかり観たのは荘村先生以降でした。渡辺先生の頃にはギターを始めていましたし、寝ても覚めてもギターのことばかり考えていました。
 今回演奏しますBWV998はコーンス編から運指を変更したもの、BWV1007は少し音の変更はありますが、チェロ譜を直接見て弾きます。原調のト長調です。BWV1009は原調のハ長調をニ長調に移しました。

_ (未記入) ― 2012/05/28 05:51

タルイピアノコンサート行きました。最初に驚いたのは、先生のギターのよくなること!ラミレスですか?また柔らかい音で、先生が叙情たっぷりに弾くのにぴったりでした。バッハの1007はミスタッチもほとんどなく、まるで教会の中で聞いているような気がしました。アルハンブラは一つ一つの音を大切にして弾いているようすがよくわかりました。また最後のマスカーニは先生のギターに対する姿勢が現れているような曲で感動でした。コンサートホールではないので弾きにくかったと思いますが、とてもよかったです。またぜひおいでください。ありがとうございました。

_ 岩井裕来 ― 2012/05/28 18:29

コンサートにお越し下さりありがとうございました。ご挨拶できずにすみませんでした。
会場は開演前に音を出してみたらよく響いたのですが、本番に音を出したら随分と響かない気がしましたので少し焦りました。でもお客様には静かに最後まで聴いていただけて良かったです。
今後は・・・当面予定がありませんが、今後ともよろしくお願いします。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
愛犬は

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://guitar-iwai.asablo.jp/blog/2012/03/06/6363170/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。